シニアが若年層を知る手段、若年層が自分の姿を正しく伝えていると考える手段(最新)

2022/02/14 03:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022-0203自分とは異なる世代の人の実情を知るのには、色々な手段を用いることができる。しかし手段の選択を誤ると、間違った認識をしてしまうかもしれない。シニアは若年層を知るためにどのような手段を用いているのか、そして若年層自身はどの手段が自分の姿を正しく伝えていると考えているのか。大和ネクスト銀行が2022年1月18日に発表した「『シニアが考える若年層イメージ』と『若年層の実態』に関する調査2022」の内容から、その実情を確認する(【「シニアが考える若年層イメージ」と「若年層の実態」に関する調査2022】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【シニアが抱く若年層のイメージと若年層が自覚しているもの、そのギャップの実情(最新)】を参照のこと。

次に示すのはシニアが若年層を知るきっかけとして用いているものを複数回答で答えてもらったもの。トップは「テレビのニュース」で66.4%となった。

↑ シニアが若年層について知るきっかけとなっているもの(複数回答、上位陣)(2021年)
↑ シニアが若年層について知るきっかけとなっているもの(複数回答、上位陣)(2021年)

情報番組やバラエティ番組ではなく、ニュースであることに注意が必要となる。つまり、おおよそは事件性のある事案報道を見て、若年層の実情を知っていることになる。中にはポジティブなニュースもあるだろうが、ニュースは多分にネガティブな内容のもの。若年層への印象もあまりよくないものになってしまうかもしれない。

次いで「テレビの情報番組」が49.2%、1つ飛んで「テレビのバラエティ番組」が29.4%。シニアは若年層について知る時に、テレビからの情報を大いに利用していると見てよいだろう。

インターネット関連の手段は「ネットの記事・ニュース」がもっとも値が高いものの、31.8%、次いで「動画サイト」の14.0%にとどまっている。

当事者である「20代の知人」は12.6%、「20代の家族」は10.4%でしかない。もっともこれらは実際にシニア当人の身の回りにいなければ聞くこともできないので、その機会に恵まれている人そのものが少ないのかもしれない。

一方で若年層自身が自分の姿を正しく伝えていると考えている手段は次の通り。トップは「SNS(ソーシャルメディア)」の40.4%。

↑ 若年層の姿を正しく伝えていると若年層自身が思うもの(複数回答、上位陣)(2021年)
↑ 若年層の姿を正しく伝えていると若年層自身が思うもの(複数回答、上位陣)(2021年)

次いで「動画サイト」の29.2%。インターネット関連の手段が上位を占め、その次にようやく「テレビのニュース」が19.0%で入ってくる。テレビ関連はその他に「テレビの情報番組」10.2%、「テレビのバラエティ番組」8.4%とあるが、シニアの回答ほどの値ではない。「ネットの記事・ニュース」が8.6%で第5位に入っていることもあわせ、若年層の姿を正しく伝えていると若年層自身が思う手段は、メインがインターネット関連、そしてテレビが続くと読めばよいだろうか。

シニアと若年層の回答を比較すると、テレビからの情報を手段として重きを置いているのは変わらないが、インターネット関連の手段に対する見方に大きな違いが生じている。シニアはインターネット関連の手段をあまり重要視していないが、若年層はテレビ以上に自分の姿を正しく伝えていると考えている。インターネット関連の手段を用いているシニアが少ないことが、シニアの考える若年層の姿と、若年層の実態との間にギャップを生み出しているのかもしれない。


■関連記事:
【「これから優先的にお金を使いたい」シニアが想う対象は?(2015年)(最新)】
【シニアの今の楽しみ、旅行にテレビに映画にグルメ(最新)】
【若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)】

スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS