2010/10/20

Facebookのファンページで携帯電話から投稿してみる

携帯電話からアップロード先に【Facebookのファンページを創ってみる】で当サイトGarbagenews.comのFacebookにおけるファンページを【創り】【FacebookのファンページのURLを変更してみる】でそのファンページのURLを【http://www.facebook.com/garbagenews】に変更した。ファンページとはいわば「Facebook会員における、対象物の愛好者の集い場所」だから、ファン同士の交流をしてもらうために、対象物(今件ではGarbagenews.com)側も色々と「ネタ」を提供した方が話が早い。そこで今回は、基本機能を使って携帯電話から投稿する方法をいくつか実践してみることにした。以下は基本的にファンページの管理人の立場としてのお話である。



続きを読む "Facebookのファンページで携帯電話から投稿してみる"

12時10分特集, インターネット

自分の携帯電話経由でのソーシャルメディア利用は45%…米若年層の携帯電話利用事情など

携帯電話を使うアメリカの子供先に【10年間で新聞は1/3以下、ラジオは45%減…アメリカの子供達の朝のライフスタイルの変化をかいま見る】でも触れたように、アメリカの調査機関Edison Researchは2010年9月29日、アメリカの子供(-若年層)のメディア周りの習慣の10年間における変化を調べた【Radio's Future 2:The 2010 American Youth(PDF)】を発表した。そこには、時には10年前の同世代のアメリカの子供と比較した、現在のアメリカの子供達のデジタル社会とのつながりをかいま見れるデータが豊富に盛り込まれている。今回はその中から、携帯電話の保有状況や利用スタイルについて、一部をのぞいてみることにする。



続きを読む "自分の携帯電話経由でのソーシャルメディア利用は45%…米若年層の携帯電話利用事情など"

7時11分モバイル, インターネット

2010/10/19

10年間で新聞は1/3以下、ラジオは45%減…アメリカの子供達の朝のライフスタイルの変化をかいま見る

ラジオを聞く様々なメディアの動向やマーケティングの現状をレポートするアメリカのサイトeMarketerで先日、興味深い話が掲載されていた。調査機関Edison Researchによる、アメリカの子供のメディア周りの習慣の10年間における変化を調べた【Radio's Future 2:The 2010 American Youth(PDF)】の抜粋データなのだが、インターネットの普及が旧来メディア、特に新聞やラジオに大きな影響を与えたか、そして以前【モバイルに焦点を当てたFacebookの各種データ】でも触れた「Pandora」(楽曲の特徴をインデックス化して聴き手の好みに応じて曲を流す「自分だけのラジオ放送局」もどきを提供してくれるサービス)が広く普及しているかを示すものだった。「Pandora」の件はいずれ改めてお伝えするとして、今回は2つほどグラフを抽出し、アメリカの子供達のメディアを巡るライフスタイルの変化について、その概要を眺めてみることにする(【Radio’s Loss Is Pandora’s Gain】)。



続きを読む "10年間で新聞は1/3以下、ラジオは45%減…アメリカの子供達の朝のライフスタイルの変化をかいま見る"

19時30分時節, インターネット

FacebookのファンページのURLを変更してみる

Facebookのファンページ以前【Facebookのファンページを創ってみる】で実証実験も兼ねて、当サイトGarbagenews.comのファンページをソーシャルメディアFacebook上に【創ってみた】。しかし作成当初はURLが「http://www.facebook.com/pages/Garbagenewscom/142228552489959」と非常に長く、覚えにくい。先に作成時にお手本にしたネタフルさんで、やはり【URLの変更方法を記事にしておられた】ので、それを参考にGarbagenews.comのファンページのURLを変更してみることにした。



続きを読む "FacebookのファンページのURLを変更してみる"

7時11分特集, インターネット

思わず耳を傾けてしまう迷子のお知らせのアナウンス広告

なるほど、と思う男女デパート、百貨店のような大規模店舗になると、少々目を離したすきに子供が姿を消してしまい、迷子になってしまうことがある。あるいは逆に保護者が子供の迷子に気が付かず、迷子自身が親を探して泣きじゃくる様子を他のお客が見つけることも少なくない。そのような事態に陥った場合、保護者、あるいは子供を保護した人は店の受付・相談窓口に足を運び、場内アナウンスで「迷子のお知らせ」をしてもらうものだ。今回紹介するのは、その「迷子のお知らせ」を巧みに使い、非常に深い印象を多くの人に与える、さるボランティア協会の宣伝である(【Creative Criminals】)。



続きを読む "思わず耳を傾けてしまう迷子のお知らせのアナウンス広告"

7時10分広告手法

書店数と売り場面積推移(2010年10月版)

街の本屋書店業界などの最新情報を配信する「日本著書販促センター」の「出版業界の豆知識」で先日、『白書出版産業 2010』を元にした、日本国内の書店数推移が掲載された。民間業者「アルメディア」の統計値を元にしたもので、2000年以降の書店数と総売り場面積が記載されている。以前同様にアルメディアからのデータを抽出した数字に基づいた書店数推移【書店の減り具合(2010年1月更新版)】とほぼ一致していること、売り場面積も併記されているということで、資料性が高い。今回はこれをグラフ化しておくことにした。



続きを読む "書店数と売り場面積推移(2010年10月版)"

7時9分特集, 時節

2010/10/18

米ヤフー曰く「JavaScriptをオフにして閲覧している人は1%前後」

解析先日、巡回しているサイト経由で、アメリカの開発者向けブログ【Yahoo! Developer Network】で掲載された記事において、「JavaScriptを切って閲覧している人は1%前後である」という調査報告が掲載されたとの話が入ってきた。JavaScriptはブログパーツなどにも多用され、サイト運営側としては閲覧者に切ってほしくない機能の一つ。同時にサイト閲覧側からすれば「何か怖いかも」「表示が重たい」「色々と邪魔」との理由で、ブラウザの機能を用いて表示を切る場合も十分ありうる。非常に興味深い話なので、早速詳細に目を通して見ることにした(【原文:How many users have JavaScript disabled?】【紹介文:JavaScriptをオフにしているブラウザは1%前後。米ヤフー調べ】)。



続きを読む "米ヤフー曰く「JavaScriptをオフにして閲覧している人は1%前後」"

19時30分インターネット

「寝る子は育つ」とは言い切れない…年齢的に「子供」の睡眠時間と体力テストの平均点との関係

寝ている子供先に2010年10月16日に【「寝る子は育つ」とは言い切れない? 睡眠時間と体力テストの平均点との関係】で「成人においては適度な時間の睡眠をとった方が体力が高い傾向」「女性は少なめ・多めの方が良い年齢層もある」など、体力テストの結果と普段の睡眠時間の関係をグラフ化・精査した。その後「『子(供)』は具体的には何歳までなのか」というご意見をいただいた。タイトルは単に言い回しの語呂の良さに過ぎず、年齢的な子供だけに限った話では無かったのだが、未成年に関するデータを求めていると解釈することもできる。今回は、未成年のデータについて同様に「睡眠時間と体力テストの平均点との関係」について調べてみることにした。



続きを読む "「寝る子は育つ」とは言い切れない…年齢的に「子供」の睡眠時間と体力テストの平均点との関係"

7時2分特集, 時節

そばを通るだけで大人気のプロサッカー選手気分になれる広告

思わず真似をする利用客以前【そばを通るだけでセレブ気分になれるカメラの広告】で紹介したように、地下街や地下鉄駅通路は「上下左右が閉じられた狭い空間」「一方向に向かって歩き続ける」というある種特殊な環境となるため、色々な広告媒体として用いられることがある。今回紹介するのもその「特殊環境」を上手く利用したものだが、液晶パネルやインターネットなどのデジタル器材を使うこと無く、昔ながらの「仕組み」で多くの人に「なるほど」と思わせる演出を行った広告である(【The ADS of the World】)。



続きを読む "そばを通るだけで大人気のプロサッカー選手気分になれる広告"

7時1分広告手法

「そこにコンビニがあるからだ」……!? 小中学生がコンビニに行く理由とは

コンビニ利用の中学生ネットマイルは2010年10月14日、小中学生のコンビニ(コンビニエンスストア)に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においてはコンビニに行く目的としてもっとも多かったのは「お菓子購入」だった。続いて「飲物購入」「ご飯購入」と、飲食系の目的が上位を占めている。またスーパーなどの他業種店舗では無くコンビニに行く理由を聞いたところ、「家や学校などの近くや通り道にある」とする回答がもっとも多かった。小中学生にとっては飲食物の調達のために、移動過程でぶらりと立ち寄れる場として存在しているのだろう(【発表リリース、PDF】)。



続きを読む "「そこにコンビニがあるからだ」……!? 小中学生がコンビニに行く理由とは"

6時59分時節

朝起きたけど目が覚めない、そんな時は何をする?

目覚めの一杯iMiリサーチバンクは2010年10月13日、睡眠に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、朝起きた後完全に目を覚ますためにしている行動でもっとも多いのは「トイレへ行く」だった。上位の行為としては「洗顔」「飲物を飲む」が続いており、この3項目が3割を超える人が実践している結果となっている(【発表リリース】)。



続きを読む "朝起きたけど目が覚めない、そんな時は何をする?"

6時58分時節

2010/10/17

保護者から友達、一人で…成長と共に変わる、子供のコンビニ訪問時の付き添い

保護者と一緒にコンビニネットマイルは2010年10月14日、小中学生のコンビニ(コンビニエンスストア)に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においてはコンビニに「母親と一緒に行くことが多い」と回答する人が半数以上に達していた。次いで「友達」「自分一人だけ」「父親」の順となっている。学年別にみると、高学年になるに連れて保護者と共に行く機会が減り、友達、あるいは自分一人だけで通う子供が増えるようすがうかがえる([発表リリース、PDF])。



続きを読む "保護者から友達、一人で…成長と共に変わる、子供のコンビニ訪問時の付き添い"

12時5分時節

テレビの見過ぎは体力低下に…?! テレビ視聴時間と体力テストの平均点との関係

子供とテレビ文部科学省が2010年10月10日に同省公式サイトで発表した「平成21年度体力・運動能力調査の結果」によると、「日常的な運動をしている人はそうでない人に比べ、体力の減退率が低い」こと、つまり「日常的な運動をしている人は体力の面で若さを維持しやすい」という統計データが出たことが明らかになった(【日常的な運動は10歳単位で体力差を生みだす…運動頻度と体力テストの平均点との関係】参照のこと)。今回は発表された統計データで「概要」で解説がなされかった項目の中から、「1日のテレビ視聴時間と体力テストの合計平均点との関係」についてグラフ化してみることにした。



続きを読む "テレビの見過ぎは体力低下に…?! テレビ視聴時間と体力テストの平均点との関係"

6時50分特集, 時節

小中学生のコンビニ通い、週一以上は三分の一・塾通いと共に変わる利用スタイル

コンビニでドリンク探しネットマイルは2010年10月14日、小中学生のコンビニ(コンビニエンスストア)に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては約三分の一の子供が「週に一度以上はコンビニに足を運ぶ」ことが分かった。自宅近所のコンビニを利用するのが圧倒的に多いが、学年が上がるにつれて塾や習い事の近所のコンビニをもっとも良く使う人も多くなる。子供にとって塾に通うことは、お金や時間を使う場所にも変化をもたらすようだ([発表リリース、PDF])。



続きを読む "小中学生のコンビニ通い、週一以上は三分の一・塾通いと共に変わる利用スタイル"

6時49分時節

目覚まし時計はもはや3割足らず・朝の目覚めはケータイと共に

目覚ましiMiリサーチバンクは2010年10月13日、睡眠に関する調査結果を発表した。それによると調査母体で普段朝起きるために最も多くの人が用いているのは「携帯電話のアラーム」であることが分かった。6割近い人が携帯電話のアラームで目が覚めるとしている。「目覚まし時計」とする回答は3割足らずでしか無く、目覚ましのツールが携帯電話に移行している現状を再確認できる結果となっている(【発表リリース】)。



続きを読む "目覚まし時計はもはや3割足らず・朝の目覚めはケータイと共に"

6時48分時節

2010/10/16

Facebookのファンページを創ってみる

Facebookファンページ【Facebookの利用者数と増加率上位国】【ソーシャルメディアの現状が分かるバイラルビデオの新作「Social Media Revolution 2」を視聴してみる】などこれまで何度となくその躍進ぶりをお伝えしてきたソーシャルメディアのFacebook。そのFacebookの中に、ユーザーが自分のファンと交流を行うための仕組みとして「ファンページ」と「グループ」というものがある。そういえば海外のプロモーションでは盛んに「ファンページ」を活用していたし、最近では【TBSもファンページを創設したという報道】を見かけるなど、にわかに国内でも色々とうごめき始めてきた予感。そのような中、【ネタフルさん】が自サイトの【ファンサイト】を創り、そのプロセスを【記事として紹介】。非常に分かりやすい内容だったので、「これは良い機会」とばかりに当方も今サイト【Garbagenews.comのファンページ】というものを創ってみることにした。



続きを読む "Facebookのファンページを創ってみる"

19時30分特集, インターネット

「寝る子は育つ」とは言い切れない? 睡眠時間と体力テストの平均点との関係

睡眠文部科学省は2010年10月10日、平成21年度体力・運動能力調査の結果を発表した。それによると「日常的な運動をしている人はそうでない人に比べ、体力の減退率が低い」、言い換えれば「日常的な運動をしている人は体力の面で若さを維持しやすい」という統計データが出たことは【日常的な運動は10歳単位で体力差を生みだす…運動頻度と体力テストの平均点との関係】で示した通り。今回は発表された統計データで「概要」で解説がなされかった項目の中から、「1日の睡眠時間と体力テストの合計平均点との関係」についてグラフ化してみることにした。



続きを読む "「寝る子は育つ」とは言い切れない? 睡眠時間と体力テストの平均点との関係"

12時5分特集, 時節

電子書籍リーダー5%、タブレットパソコンは4%…アメリカのデジタル機器の普及率

デジタル機器アメリカの調査機関PewResearchCenterは2010年10月14日、アメリカ人のデジタル機器(俗にいうガジェット)の保有率に関する調査結果【Gadget Ownership】を発表した。2010年夏時点でのアメリカにおける主要なデジタル機器の保有率・普及率を推し量れる、色々な可能性を秘めたデータともいえるの。今回はそれを元にいくつかグラフを生成し、現状を眺めてみることにした。



続きを読む "電子書籍リーダー5%、タブレットパソコンは4%…アメリカのデジタル機器の普及率"

7時37分特集, インターネット

2010/10/15

「法人税が下げられたらどうする?」企業の回答トップは……

税金【法人税 税調などへ引下げを指示していると総理】などでも伝えられているように、ここ数日の間、現行政権で法人税の引き下げについて声高に語られている様子が伝えられている。実際のところ、【日本の法人税は世界一ィィィ! 主要国の法人税率】で解説している通り、日本の法人課税の実効税率(複雑な計算をした後の、最終的な企業負担となる法人各税の総計額比率)は世界最高基準にある。企業の国内誘致・海外への移転阻止、さらには国内企業の活力増大のため、さらにそれらから派生する形で生まれる様々な便益(雇用増大、景気回復、従業員への配分増加など)、法人課税の実効税率引き下げが求められている。しかし現状においては、たとえ法人税が引き下げられたとしても、すぐに直接従業員や研究投資などに大きな変化が生じそうにはない……そのような調査結果が、2か月ほど前の【帝国データバンクにおける特別企画調査:法人課税の実効税率等に対する企業の意識調査】で示されていた。今回はそこからいくつかのデータを抽出し、グラフ化してみることにする。



続きを読む "「法人税が下げられたらどうする?」企業の回答トップは……"

12時5分経済・金融・市場・家計, 時節

3/4は「日本の食料自給率は低い」、9割は「高めるべき」「国産品の増加」の声

国産食料内閣府は2010年10月14日、「食料の供給に関する特別世論調査」の結果概要を発表した。それによると現在の日本の食料自給率(カロリーベースで約40%)について、低いと考えている人は約四分の三に達していることが分かった。今後どうすべきかについては約9割の人が(意志の強さはともあれ)高めるべきだと考えている。また食料の生産・供給のあり方では、コスト高でも、その逓減努力を重ねながら出来るだけ国内で作っていくべきだとする意見が9割以上を占めており、経年データでは少しずつ増加傾向にあることが確認できる結果となっている(【発表リリース、PDF】)。



続きを読む "3/4は「日本の食料自給率は低い」、9割は「高めるべき」「国産品の増加」の声"

12時0分時節



(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS